自宅で使える脱毛器の照射範囲

MENU

自宅で使える脱毛器の照射範囲

自宅で使える脱毛器の照射範囲

自宅で手軽に脱毛が行える家庭用の脱毛器は、性能が向上してきており、広い範囲のパーツでも簡単に脱毛ができるように照射範囲が広がってきています。近頃、ムダ毛に悩む人たちの注目を集めている家庭用の脱毛器は、ケノンという商品で、照射範囲が広いだけでなく、エステサロンで行われるフラッシュ脱毛と同じ、またはそれ以上のレベルの出力の光を照射してムダ毛を処理することができます。

 

ケノンは、光を照射する部品がカートリッジになっていて、カートリッジを取り替えることができます。カートリッジは光を照射できる回数に限界がある消耗品なのですが、ケノンの場合は一つのカートリッジで一番弱い照射レベルならば20万回も照射できる上に照射範囲も広いので、非常に長持ちします。

 

また、ケノンは付属品としてシミを薄くする効果があるスキンケア用カートリッジが付いていて、自宅でエステサロンと同じレベルの脱毛ができるだけでなく、シミを薄くするスキンケアまで行うことができます。ケノンを使ってムダ毛を脱毛するときは、頻度をどれぐらい間隔にして行えば一番大きな効果を得ることができるのかが気になるところですが、ケノンの公式のマニュアルには、およそ2週間ぐらいの間隔を空けて脱毛することを推奨しています。

 

しかし、マニュアルで示されている頻度は、メーカーが誰しもが、この頻度で脱毛すれば安全に行うことができるということが確認できる頻度ということになります。そのため、効率的に脱毛できる頻度は、ムダ毛を脱毛したいパーツやムダ毛の太さや濃さ、性別、個人差によって違ってくることになります。

 

安全に配慮しつつも、自分に合った最適な頻度を探ってみる必要があります。また、ケノンは照射範囲をカートリッジによって調整することもできます。基本となるラージというカートリッジでも、ワンショットで7平方センチメートルという広い照射範囲にムダ毛を脱毛できる光を照射できるのですが、エクストララージというカートリッジに付け替えると、ワンショットで9.25平方センチメートルという広さの照射範囲にムダ毛を脱毛できる光を照射することができます。

 

これによって、腕や脚、お腹などといった広い範囲の脱毛を行う場合でも時間をかけずに済ませることができるようになります。このように、ケノンはカートリッジを付け替えることによって様々な使い方をすることができるようになっているのも注目を集めている理由の一つとなっています。


自宅で脱毛ができる家庭用の脱毛器の照射範囲

自宅で脱毛ができる家庭用の脱毛器の照射範囲

自宅で脱毛ができる家庭用の脱毛器には様々な種類があり、方式によっても照射範囲に大きな差があります。レーザー式の家庭用の脱毛器は一般的に照射範囲が狭く、フラッシュ式の家庭用の脱毛器は一般的に照射範囲が広いとされています。レーザー式の代表的な機種であるトリアは、照射範囲が直径8ミリメートルと面積が狭く、広い範囲を照射しようとすると何度も、照射する必要があり、トリアにはそのデメリットを補うための連続照射機能が搭載されているのですが、それでも時間がかかってしまいます。

 

しかし、デリケートゾーンの脱毛などといった、残しておくアンダーヘアの形を整えたい場合は、適しているというメリットもあります。フラッシュ式の代表的な機種であるイーモリジュは、照射範囲が業務用並みの縦2.9センチメートル、横1.5センチメートルと面積が広く、脚のスネ毛や腕のムダ毛なども、少ない照射回数で、あっという間に全体を照射することができます

 

しかし、残しておく体毛の形を整えたい場合は、あまり適していないというデメリットもあります。とはいえ、ムダ毛の脱毛は家庭用の脱毛器の場合、機種にもよりますが、およそ二週間に一度ぐらいの頻度で繰り返し行う必要があるので、体験レビューなどを見てみても、照射範囲が広いということは利用者に満足感を与える大きなメリットになります。

 

また、照射範囲が円形だと、漏れなく照射するためには重ね打ちが必要になるので、さらに照射回数が増えてしまうことになります。脱毛の方法は、非常に簡単で、ムダ毛を脱毛したい部分に冷却パッドを当てて冷やしておき、ヘッドをあてて光を照射するだけなのですが、そのヘッドが重いと照射を重ねていくうちに腕が疲れてきてしまいます。

 

ヘッドが軽くて扱いやすいということも家庭用の脱毛器を選ぶときの重要なポイントの一つとなります。トリアが610グラムとヘッドが多少重くて長い間持ち続けるのが大変なのに対して、イーモリジュは、120グラムでスマートフォンとほとんど変わらない重さであるので、長い間持ち続けたとしても、腕が疲れにくいですし、そもそも照射範囲が広くてすぐに脱毛を済ませることができるので、長い間持ち続けること自体が、あまり必要としません。

 

このように、広い範囲を家庭用の脱毛器で脱毛したいと考えている場合、家庭用の脱毛器を選ぶときには照射範囲とヘッドの軽さの両方の条件が良い物を選ぶ必要があります。


関連ページ

フラッシュ脱毛器で得られる脱毛の効果
スネ毛や腕毛のムダ毛処理に悩みを抱えている方は、自分で手が届きやすい部分でもあるので、自宅で脱毛ができてしまうフラッシュ脱毛器がおすすめです。家庭用のフラッシュ脱毛器で得られる脱毛効果がどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
フラッシュ式の脱毛器のパワー
痛みが強く照射面積が狭いレーザー式の製品よりも、照射面積が広く、性能が高くなってきているフラッシュ式の脱毛器が注目されています。そんなフラッシュ脱毛器のパワーがどれくらいなのか、わかりやすく解説しています。
脱毛器は充分に脱毛の効果あり
家庭用の脱毛器はあまり効果がないのではないかと感じている人は少なくありませんが、その感覚は時代遅れ?今ではかなり性能アップしている、家庭用脱毛器の脱毛効果についてわかりやすく解説しています。
美容器具としても使える脱毛器
家庭用の脱毛器には、光を発射する部品が本体と一体化しているタイプと、カートリッジを取り替えて様々な波長の光を照射すことができるタイプがあります。そして美容機器としても使える脱毛器について解説しています。