フラッシュ式の脱毛器のパワー

MENU

フラッシュ式の脱毛器のパワー

フラッシュ式の脱毛器のパワー

近頃は家庭用の脱毛器に注目が集まっていますが、特に痛みが強く照射面積が狭いレーザー式の製品よりも、照射面積が広く、性能が高くなってきているフラッシュ式の製品に注目が集まっています

 

フラッシュ式の製品のデメリット

 

フラッシュ式の製品は便利ですが、購入してから後悔しないためにはデメリットを知っておく必要があります。フラッシュ式の製品のデメリットは、カートリッジを交換する必要があるということです。機種によって、頻繁にカートリッジを取り替える必要がある寿命が短い機種と、カートリッジの寿命が長く、あまり頻繁に取り替える必要がない機種があります。カートリッジの価格も機種によって差があるため、購入することを検討している場合は、幾つかの機種を比べてみてから選ぶ必要があります。

 

脱毛サロンとの違い

 

フラッシュ式の製品は逆に言うと、カートリッジを交換さえすれば、本体が故障しない限り、ずっと使用し続けることが可能であるということもできます。脱毛サロンの脱毛の施術は、永久脱毛ではありませんので、脱毛が完了してしばらく経つと、またムダ毛が目立ってきてしまうため、もう一度通う必要があり、同じ金額の費用が発生することになります。

 

脱毛サロンで全身のパーツの脱毛の施術を受ける場合は、およそ三十万円以上の費用がかかることになり、脱毛が完了するまでにかかる期間も、およそ二年から三年ぐらいと、とても長い期間が必要になります。しかし、家庭用のフラッシュ式脱毛器の場合なら、およそ五千円ぐらいのカートリッジ代で、何度でも脱毛することが可能です。

 

脱毛サロンとのパワーの差について

 

脱毛の検討をしている人の中には、脱毛サロンでフラッシュ脱毛の施術を受けるか、自宅で家庭用の脱毛器で脱毛するかを迷っている人は少なくありません。脱毛サロンで採用している脱毛マシンもフラッシュ脱毛の形式をとっているため、家庭用とフラッシュ式の脱毛器での脱毛と基本的な仕組みに違いはありません。

 

また、家庭用でも性能が高い脱毛器を使用すればパワーもほとんど違いがありません。むしろ自宅で行なう場合は自由に自分で出力を調整できるので、脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛よりパワーが強くできる場合もあります。ほとんどの人が、脱毛サロンの脱毛マシンの方が強力なパワーがあると思っていますが、近頃の家庭用の製品は高性能なので、違いがほとんどなくなってきています。しかし、家庭用の脱毛器は性能に差があることが多いので、三万円代の比較的安い価格で購入できる製品の場合はパワーが弱いことも考えられます。

 

まとめ

 

このように比較してみると、脱毛サロンでフラッシュ脱毛の施術を受けるより、家庭用のフラッシュ式の脱毛器を使って脱毛した方がメリットがあることも多いということが分かります。


フラッシュ脱毛器の濃くて太いムダ毛に対する効果

フラッシュ脱毛器の濃くて太いムダ毛に対する効果

家庭用のフラッシュ脱毛器は、濃くて太いムダ毛であるほど脱毛の効果を発揮することができます。なぜかというと、フラッシュ脱毛器が発射する光は濃い黒に吸収される性質があるので、濃くて太いムダ毛であるほどエネルギーが集中しやすくなり、そのエネルギーによりムダ毛の毛穴の奥にあるムダ毛を再生させる組織にダメージが与えやすくなるためです。

 

そして、お肌の色が白くて、ムダ毛の黒い色とのコントラストが明確であればあるほど、脱毛の効果が高くなります。そのため、ムダ毛が濃くて太い人でも安心してフラッシュ脱毛器で脱毛をすることができます。

 

濃くて太いムダ毛を脱毛をする

 

フラッシュ脱毛器で濃くて太いムダ毛を脱毛すると効果的な分だけ、普通の太さのムダ毛を脱毛するときより痛みが強まることになります。特に、男性のスネ毛や髭はかなり濃くて太いので、照射した光が集中しやすくなり、肌にかかる痛みは強くなります。何度は繰り返していくうちに、少しずつ慣れていくのですが、はじめてフラッシュ脱毛器で脱毛をする場合は、驚く人もいます。

 

レベルの調整をする

 

はじめてフラッシュ脱毛器で脱毛をするときは、パッチテストを必ず行うのですが、これはアレルギー反応があるかを確認するためでもありますが、痛みが耐えられる範囲で一番効果的なレベルを探るためにも行われます。脱毛をし始めた頃の濃くて太いムダ毛に対しては、低いレベルで脱毛を行い、脱毛を繰り返していく内にムダ毛が細くなってきたらレベルを高くしていけば、脱毛エステで脱毛の施術を受けるより、早く脱毛が完了させることができます。

 

性能の問題

 

低いレベルで脱毛を繰り返して細くなってきたムダ毛は低いレベルのままでは衰えにくくなるため、高いレベルでの脱毛が必要になります。そうなると、高いレベルの光が照射できるフラッシュ脱毛器でないと脱毛しきれなくなり、高いレベルの光が発射できないフラッシュ脱毛器だとムダ毛が中途半端な状態で残ってしまうことになります。そのため、濃くて太いムダ毛を綺麗な状態で脱毛するには、高性能のフラッシュ脱毛器を選ぶ必要があります。

 

まとめ

 

フラッシュ脱毛器は濃くて太いムダ毛を脱毛することができますが、性能が良い製品を選ばないと中途半端な結果になってしまう場合があり、脱毛の進み具合に従って上手に発射する光のレベルを調整していくと、効率的に濃くて太いムダ毛も脱毛を完了させることができます。


関連ページ

フラッシュ脱毛器で得られる脱毛の効果
スネ毛や腕毛のムダ毛処理に悩みを抱えている方は、自分で手が届きやすい部分でもあるので、自宅で脱毛ができてしまうフラッシュ脱毛器がおすすめです。家庭用のフラッシュ脱毛器で得られる脱毛効果がどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
自宅で使える脱毛器の照射範囲
自宅で手軽に脱毛が行える家庭用の脱毛器は、いまではかなり性能が向上してきています。その家庭用脱毛器の照射範囲がどのくらいなのか、わかりやすく解説しています。
脱毛器は充分に脱毛の効果あり
家庭用の脱毛器はあまり効果がないのではないかと感じている人は少なくありませんが、その感覚は時代遅れ?今ではかなり性能アップしている、家庭用脱毛器の脱毛効果についてわかりやすく解説しています。
美容器具としても使える脱毛器
家庭用の脱毛器には、光を発射する部品が本体と一体化しているタイプと、カートリッジを取り替えて様々な波長の光を照射すことができるタイプがあります。そして美容機器としても使える脱毛器について解説しています。