脱毛器は充分に脱毛の効果あり

MENU

脱毛器は充分に脱毛の効果あり

脱毛器は充分に脱毛の効果あり

家庭用の脱毛器はあまり効果がないのではないかと感じている人は少なくありませんが、近頃は脱毛器の性能が非常に向上していて脱毛に充分な効果ありの状態になってきています。

 

ワキの下などのムダ毛にも効果あり

 

家庭用の脱毛器は、ワキの下のような濃くて太いムダ毛でも、効果的に脱毛することができます。フラッシュ式やレーザー式の脱毛器は、ムダ毛が持つメラニン色素を標的にしてムダ毛にダメージを与えるので、ワキの下のムダ毛のようにメラニン色素が多く含まれているムダ毛だとダメージを与えやすくなります。その代わり、ムダ毛にダメージを与えるときに熱が発生するので、ムダ毛に光を照射したときに痛みを感じやすくなります。

 

産毛状のムダ毛でも効果ありの機種はある

 

女性の顔や腕、お腹、背中などといった産毛状のムダ毛が気になるという人は少なくありませんが、産毛状のムダ毛を脱毛できる機種もあります。ただし、レーザー式の脱毛器は産毛状のムダ毛のメラニン色素に反応しにくい機種がほとんどなため、フラッシュ式の中から産毛状のムダ毛の脱毛にも対応している機種を選ぶことになります。女性の顔の産毛が脱毛されると、顔色が明るくなったり、化粧品のノリが良くなったりします

 

男性のムダ毛にも効果あり

 

家庭用の脱毛器の特徴の一つに利用する人の性別を選ばないということが挙げられます。男性のニーズが高い脱毛のパーツはヒゲになります。ヒゲは女性のワキの下のムダ毛より太くて濃いので脱毛効果が高いパーツになります。ただし、脱毛をするときに発生する痛みは大きいということになります。

 

しかし、それでも男性は脱毛のために脱毛サロンやメンズクリニックに出向くのに抵抗を感じる人は多いので、家庭用の脱毛器は人気があります。また、胸毛が生えていることを気にしている人も多いので家で脱毛できるのは大きなメリットになります。夫婦やカップルで使うことができるというのも、脱毛サロンでは決して実現できないメリットになります。脱毛サロンは、女性専用の場合は、男性スタッフを一切使いません。

 

脱毛サロンの場合は、カップルがそれぞれ脱毛をする場合は、それぞれの脱毛サロンで施術費用がかかることになりますが、家庭用脱毛器の場合はカートリッジの消耗が少し早くなるぐらいで、二人でも費用が倍になることもありません。

 

まとめ

 

家庭用の脱毛器は性別を問わず、産毛にはある程度制約があるものの、あらゆるムダ毛に効果ありの優れた製品になります。


脱毛器と脱毛サロンの施術を比較してみる

脱毛器と脱毛サロンの施術を比較してみる

ムダ毛をカミソリで剃ったりしないで処理したい場合は、家庭用の脱毛器を使うのか、脱毛サロンの脱毛の施術を受けるのかで迷ってしまう人は少なくありませんが、部分脱毛を行ないたい場合に、脱毛サロンと家庭用の脱毛器を使う場合で比較すると、家庭用の脱毛器を使うほうがメリットが多くなります。

 

部分脱毛の場合は家庭用の脱毛器が向いている理由

 

全身のムダ毛を一気に脱毛してしまうのではなく、とりあえずはワキの下のムダ毛や腕に生えているムダ毛などを部分脱毛をしてみたい方や、見えている部分を差し当たり脱毛したいという方は、家庭用の脱毛器を使った方がメリットがあります。例えば、脱毛サロンでワキの下だけをフラッシュ脱毛の施術を受けた場合は施術にかかる時間は、だいたい三分ぐらいで済んでしまうことになります。

 

しかし、そのわずか三分ぐらいの脱毛の施術を受けるためには、完了するまでの計画を立てて、予約を入れて、交通費をかけて脱毛サロンに通い、専用のウェアに着替えて、やっと脱毛の施術を受けて、お肌の保湿ケアを施してから、自分の着ていた服に着替るといった時間がかかることになります。

 

家庭用の脱毛器を使えば、およそ三分ぐらいで済むのに比較すると、脱毛サロンでワキの下の脱毛の施術を受けると少なく見積もってもおよそ三十分ぐらいはかかってしまうことになります。

 

手に届く範囲の脱毛が楽

 

手が届く範囲の脱毛をする場合は自分で脱毛するほうが簡単にできます。家庭用の脱毛器を使えば、テレビを見たりしながらや、雑誌などを読みながらでも、いつでも好きなときに脱毛することができます。

 

納得できるまで脱毛ができる

 

脱毛エステで脱毛の施術を受ける場合は前もって決められた施術回数をセットで購入して行うのが一般的な方法になります。六回分のセットから始める人が多いのですが、六回分の施術で脱毛の仕上がりに満足できる人は、あまりいません。人によって異なりますが、およそ十二回から十八回ぐらいの脱毛の施術が必要となり、追加費用がかさんでしまいます。

 

一方で、家庭用の脱毛器を使えば仕上がりに納得できるまで何度でも脱毛ができます。全身を脱毛場合ならば何人かのスタッフが脱毛の施術を行うことができる脱毛サロンで脱毛の施術を受けることにメリットがありますが、家庭用の脱毛器の場合は脱毛サロンに行くための時間や手間をかけずに済みます。

 

まとめ

 

このように部分脱毛の場合は脱毛サロンと比較すると、家庭用の脱毛器を使った方がメリットが多いことが分かります。


関連ページ

フラッシュ脱毛器で得られる脱毛の効果
スネ毛や腕毛のムダ毛処理に悩みを抱えている方は、自分で手が届きやすい部分でもあるので、自宅で脱毛ができてしまうフラッシュ脱毛器がおすすめです。家庭用のフラッシュ脱毛器で得られる脱毛効果がどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
自宅で使える脱毛器の照射範囲
自宅で手軽に脱毛が行える家庭用の脱毛器は、いまではかなり性能が向上してきています。その家庭用脱毛器の照射範囲がどのくらいなのか、わかりやすく解説しています。
フラッシュ式の脱毛器のパワー
痛みが強く照射面積が狭いレーザー式の製品よりも、照射面積が広く、性能が高くなってきているフラッシュ式の脱毛器が注目されています。そんなフラッシュ脱毛器のパワーがどれくらいなのか、わかりやすく解説しています。
美容器具としても使える脱毛器
家庭用の脱毛器には、光を発射する部品が本体と一体化しているタイプと、カートリッジを取り替えて様々な波長の光を照射すことができるタイプがあります。そして美容機器としても使える脱毛器について解説しています。