脱毛器人気ランキング

MENU

脱毛器の本当の実力、知っています?

脱毛は脱毛サロンで行うもの、脱毛器なんて、安く済ますだけ、仕上がりは良くない…私も最初はそう思って脱毛器には関心が無かったんです。ところが、いつも肌がツルすべで綺麗な友人が、実はサロンじゃなくって、脱毛器で済ましているって聞いてびっくり!

 

それで私も試してみたんです。そしたら、剃れ具合や仕上がりの綺麗さにまたまたびっくり!脱毛器の実力を知らなかっただけなんだって気づいたんです!

 

それ以来、私はカンペキに脱毛器派です。面倒な予約はいらないし、これなら三日坊主の私でもしっかり脱毛ケアはカンペキ!もう手放せないアイテムになっています♪

 

脱毛器人気ランキング

第1位:ケノン

家庭用脱毛器ケノンは、さまざまな販売店で売り上げ第1位をいつも獲得している人気の脱毛器です。なぜそんなに人気があるのでしょうか?それは「続けやすい」からです。脱毛効果を得るためには、一定の周期に沿って継続して使用する必要があります。ケノンには継続しやすい理由がたくさんあります。

 

まず、照射回数が多いことを挙げることができます。その数はカートリッジ1つで20万回も照射をすることができます。本体価格は他より若干高めですが、回数が多いので、1回の照射費用を安く抑えることができます。

 

また、照射面積が広いという点も挙げることができます。照射部分は、横3.5cm、縦2.5cmという脱毛器の中では比較的大きく、脱毛サロンと変わらないくらいの大きさを照射することができます。なので、同じ箇所をでも照射回数を減らすことができるので、時間と手間を短縮することができます。またケノンは持ち手の重さが120gと携帯電話とほぼ同じくらいの重さで、他の脱毛器よりも圧倒的に軽いので使いやすいという利点もあります。

 

さらにケノンには使用できない部位はありません。顔も全て使用することができます。顔に対応している脱毛器はほとんどありませんが、たとえあったとしても顔の一部分しか使用できないなどの条件があります。しかしケノンの場合、目の周りも含めて使用することが可能なので、専用の付属品を使って眉脱毛や鼻の下の産毛の脱毛まですることが可能となっています。

 

もちろん男性の髭も脱毛することができるので、家族やカップルで兼用して使うことができるでしょう。このように自宅で使用することができる脱毛器は、VIO(アンダーヘア)脱毛ができるかも購入の際の大きなポイントとなってきます。アンダーヘアの処理をこっそりやりたくて脱毛器を検討する方も少なくありません。

 

ケノンならVIOも使用することができます。さらに、ケノンカートリッジを脱毛カートリッジから美顔カートリッジに交換するなら、美顔器として使用することもできます。脱毛器として気になるところをツルツルにした後は、顔にワンランク上のお手入れまですることができるのです。

 

シミ、しわ、たるみ、毛穴の開きなどにとても効果があることから、脱毛器目的ではなく美顔器目的のために購入する方もいるほどその効果は期待できるものとなっています。脱毛サロンに行く時間や余裕がない方は、ケノンで自分のペースで脱毛してみるのはいかがでしょうか?

 

詳細を見る 公式サイト

 

第2位:トリア

女性有名ファッション誌などの広告で知名度を上げ、仕事や家事などで毎日忙しい女性たちを中心に人気が広がった家庭用脱毛器といえばトリアです。トリアは自宅で脱毛できるレーザー脱毛器ですが、その外観の見た目や色合いがオシャレで、本体1つで全て付属品が少ないシンプルな機器であることが女性の心を掴んだようです。

 

トリアのレーザー脱毛器(ダイオードレーザーを採用)は、光が直線的に肌に当たることができるので、1回の照射で当てられる面積は狭いですが、その分光のパワーが強いという特徴があります。また、フラッシュ式脱毛のタイプに比べるとエネルギーチャージの時間が不要なので、フラッシュ式よりも照射間隔が短くどんどん照射を進めていくことができます。

 

トリアの照射回数は無制限なので、家庭用脱毛器に多い消耗品の追加購入が必要ないこともメリットと言えるでしょう。しかし、消耗品の追加購入はありませんが、トリアは充電式なので内臓バッテリーの交換が必要となります。内蔵バッテリーは約500回を目安に交換することが必要なので、消耗品は必要になると言えるかもしれません。

 

バッテリーの価格は、約20000円ですから、購入する際にはメンテナンスのことも考慮にいれることができるでしょう。トリアの照射面積は具体的にどのくらいでしょうか?トリアの照射面積は直径8oとなっています。

 

一般的な家庭用脱毛器の中でも群を抜いてコンパクトな照射面積なので、何度も回数が必要となります。細かい部分まで照射が可能である半面、この照射範囲ではワキだけでも数十回の照射が必要になるので手間や時間もかかり、バッテリーが消耗されてしまうことでしょう。しかし、トリアは充電式のためコードレスでどこでもどんな姿勢でも施術をすることができます。

 

しかし、本体に脱毛機能が全て搭載されているので、ハンディタイプなのに重さが約600gあります。この重さで何度も何度も照射を繰り返すのですから、腕がすぐに疲れてしまい、施術部分にしっかり当てることができなくなってしまうことも予想されます。しかし、トリアはレーザー脱毛なので脱毛サロンやクリニックなどで受ける脱毛と同じ効果を得ることができます。

 

レーザーを当てた後、毛がポロッと取れるのです。つまり、レーザーが毛根に効いているということです。そのため毛が伸びてくる速度が確実に遅くなるので、コツコツ定期的に脱毛ケアをしていくなら、ツルツルな肌を手にすることができるでしょう。

 

詳細を見る 公式サイト

 

第3位:エピルーチェ

エピルーチェは販売されてから比較的まだ日が浅いですが、安価な脱毛器ということで多くの方から注目され人気があります。マインドエッジ社が開発・販売している家庭用脱毛器で、IPL脱毛という最新技術が採用されています。小悪魔agehaモデルの、おりもあいさんも絶賛した脱毛器と言われており、そのデザインも女性好みとなっています。

 

グレーとピンクの2色で展開されているので女性だけでなく男性でも抵抗なく購入することができます。エピルーチェは、VIOから身体全身まで脱毛可能となっています。まぶたや目の直下への使用は危険ですが、目の周りを避けるなら顔でも使用することができます。エピルーチェでは公式に、乳輪周り・Vライン・Iライン・Oラインでも使用できる、と書かれているので安心してデリケートゾーンでも脱毛をすることができます。

 

このように、自分の好きな部位を好きなだけ脱毛することができます。長く続けていれば続けるだけ毛は少しずつでも生えなくなるので根気よく継続していくことが必要でしょう。海外ではもっと安価で売っている家庭用脱毛器もありますが、海外の脱毛器はデメリットが大きいので日本人には合いません。

 

しかし、安価で購入することができるエピルーチェなら安心して使用することができます。たいていの脱毛器は5万円超えをしますがエピルーチェなら本体価格が税込み29,800円で購入することができます。とくにお金の余裕がない学生の方や主婦の方におすすめの家庭用脱毛器です。

 

価格が安いとその分機能も下がる・・という場合もありますが、エピルーチェではそのようなことは全くなく、連射機能もしっかりついています。最大レベルならかなり早く照射が可能となっています。見やすい液晶パネルも付いていますので、調整中レベルと照射可能残り回数を確認することができるのでとても使いやすくなっています。

 

また、ほかの脱毛器でよく見かける「保冷剤などで十分冷やしてから照射をしてください」という注意書きはエピルーチェではされていないので、 保冷剤の用意をせずに使用することができるので手間がかかりません。さらに持ちやすく軽いハンディ型なので気楽にどこででも使用することができるでしょう。この機会に最新脱毛機器エピルーチェを検討してみるのはいかがでしょうか?

 

詳細を見る 公式サイト

 

第4位:エピレタ

アイリスオーヤマから発売されている脱毛器エピレタは、自宅で簡単に光脱毛ができるということで知られています。今までの脱毛器とは全く異なる特徴をもっています。肌への負担と痛みを軽くするために「光+超音波」という、光技術HPL(ホームパルスライト)という特許技術が採用されています。

 

このおかげで、光の照射と超音波の振動により肌への負担を軽くすることができます。また、使用することができない部分への照射を防ぐ「肌センサー」という機能が備わっているので、日焼けや色素沈着など使用が適さない部分への照射を避けることができるので肌を守ることができます。

 

さらに目を守る「タッチセンサー」という機能は、照射面の周りが肌に密着しないと、押しても照射しないようになっています。この3つの機能が備わっているので、痛くなく、お手軽で、肌にやさしい脱毛をすることが可能になっています。とくにカミソリや毛抜きなどで目立ってしまった毛穴や、時間がかかる脱毛サロン通いなどからも解放され自宅で自由な時間に脱毛をおこなうことができます。

 

エピレタは、照射範囲が狭いので全ての脱毛をするのは多少時間がかかりますが、ほぼ全身脱毛が可能となっています。腕・脚・指毛・ワキ・ヘソ周りなどの身体はもちろん、鼻下やあごなどのフェイスラインの脱毛をすることができます。しかし、ビキニラインの照射は可能ですが、Iライン・Oラインには使用できないので注意しましょう。

 

エピレタ1台で約15万回もの照射が可能となっており、これは女性約5人分(1人あたり約2〜3万回の使用を目安) の脱毛になるようです。充電切れの心配はありませんし、カートリッジ交換不要なのでメンテナンス費用もかかりません。220gという軽量なのでだれが使っても脱毛中に腕が疲れるという心配なく使用することができます。

 

また、エピレタを収納できるかわいいポーチが付いていて、カバンにスッポリ入れられるほどの大きさなので、持ち運びをとても楽におこなうこともできます。特に手軽に自宅で脱毛をしたい!という方にエビレタはおすすめです。

 

詳細を見る 公式サイト

 

第5位:エピナード

エピナードは、エステナードソニックという美顔器を発売している健康コーポレーションが販売している脱毛器です。最近注目されているライザップも、、健康コーポレーションが運営しています。エピナードは、程よいサイズとシンプルなデザインや機能をもつ脱毛器で、脱毛器以外にも美顔器としても使用することができます。

 

レベルは10段階までりますが、1〜6までが美顔器、7〜10までが脱毛器となっています。つまり、脱毛器として使用する場合、レベルは4段階しか調整することができません。エピナードの最大の特徴は、「冷却機能」が付いているという点です。たいてい脱毛する前は必ず患部を冷やすことにより麻酔効果を与えますが、通常自宅で脱毛をする場合は、冷たいタオル、氷、法令剤などを利用して冷やさなければいけません。

 

しかし、エピナードはすでに冷却機能として付いているので、冷やすものを用意する必要がないので手間がかかりません。他の脱毛器には付いていない機能なのでその点では優れているといえます。エピナードのカートリッジの照射面はタッチセンサーになっています。つまり、肌に付けないと照射できないということです。

 

なので、間違って照射ボタンを押して、変なところを照射してしまうということを避けることができます。通常の家庭用脱毛器ではVラインの脱毛ができても、I・Oラインの脱毛は出来ませんでしたが、エピナードはデリケートゾーン全てを脱毛することができます。しかし残念ながら顔の脱毛は推奨されていないので使用することはできません。

 

家庭用脱毛器を選ぶ際の重要なチェック点は照射範囲です。エピナードはケノンに次に照射範囲が2番目に広い7mとなっています。そのため、1回での脱毛範囲が広いので太ももなどの面積が広い部分の脱毛を短時間で済ませることが可能となっています。脱毛後は、お肌のケアとして専用ジェルを付けることができます。

 

とくに専用のジェル(モイストケアジェル)を使うという必要はありませんが、専用ジェルはお肌がしっかりと保湿され、使用後のお肌をしっかりケアすることができます。なぜなら、専用ジェルにはコラーゲン、アマチャエキス、ヒオウギエキス、アロエベラエキス、ローズマリーエキス、ダイズエキス、ブドウ茶エキスなど天然由来のうるおい成分がたっぷり配合されているからです。

 

脱毛後は肌が乾燥しやすいので保湿は必須なのでしっかりケアをしましょう。もちろん、別の保湿クリームを使用しても問題はありません。エピナードは購入後、使用後でも30日間の返金保障が付いているので気軽にお試しになることができます。

 

詳細を見る 公式サイト

更新履歴